Q&A

Q.先日、勤務先から人員削減が必要ということで、解雇を言い渡されました。このような解雇は常に認められるのでしょうか?

[労働問題,解雇]

A.
   経営の必要上、必要とされる人員削減のために行われる解雇は、一般的に「整理解雇」と言われます。
 この整理解雇も無制限に認められるわけではなく、通常の解雇と同様に、使用者の解雇権の濫用と評価される場合には無効となります。(労働契約法16条参照)。
 裁判例においては、人員削減の必要性があるか、解雇を回避するための努力が尽くされているか、解雇される人の人選は合理的であるか、その手続は妥当であるかといった要素を考慮して、総合的に判断されていると考えられます。

ページの先頭へ戻る