解決事例

相続に関する解決事例 : 調停手続を利用して遺産分割が実現できた事例

[相続,遺産分割]

相談者の親が亡くなったことから、相談者は他の相続人と遺産分割協議を行っていました。
ところが、他の相続人が代理人を選任して、法定相続分とは異なる割合による遺産分割を求めてきたことから、当事務所にご相談に来られました。

当事務所において検討をしたところ、他の相続人の主張を裏付ける客観的な資料は一切示されませんでした。
相手は調停を申し立ててきましたが、当方は上記のように客観的な資料が提示されていないと主張しました。
結果として、相談者が当初から望んでいた形での遺産分割を実現できました。
<解決のポイント>
遺産分割の場面においては、他の相続人がご自身と同じ気持ちでいるとは限りません。
相続の開始をきっかけにして、長年の感情のわだかまりが噴出してしまうこともあります。
そのような場合には、調停手続を利用することで、結果的には協議を続けるよりも早期に解決を図れることもあります。
今回は相手方が調停手続を申立ててきたことから、同手続を利用し、早期の解決を実現することができました。

ページの先頭へ戻る