解決事例

労災事件の解決事例 : 勤務先から賠償金が支払われた事例

[労働問題,労災]

依頼者は、職場でケガをしてしまったところ、そのケガの原因が勤務先による「安全配慮義務違反」ではないかということで、当事務所に相談に来られました。

当事務所では労災保険の申請のサポートも協力をさせていただき、障害等級の認定がされた後は勤務先に対して損害賠償請求を行いました。

勤務先と協議をした結果、勤務先から依頼者に対して障害等級を基準とした損害賠償金(裁判で認められる金額と同程度の金額)が、任意に支払われました。

<解決のポイント>

労働災害に遭ってしまった場合、労災保険が使えないとか、また保障がそれだけで終わってしまうと誤解をされる方が多くいらっしゃいます。労働災害の発生の原因が、勤務先などにある場合(例えば、法律上要求されている安全措置を実施していなかったことが原因で、事故が発生したなど)には、勤務先に損害賠償請求ができる可能性もあります。

今回は初期の段階で弁護士にご相談いただけたことで、どのような補償が受けられるかというところからサポートをさせていただくことが出来ました。

また弁護士が入ったことで、勤務先との協議もスムーズに進んだと思います。

ページの先頭へ戻る