ご相談の流れ

顧問契約は、大きな会社しか必要ない?

いいえ。小さな会社だからこそ、顧問弁護士が必要な場面が多くあります。

港南アール法律事務所会社が事業をする上で、取引先や顧客との関係、クレーム対応、そして従業員との労働問題など、トラブルに巻きこまれてしまう場面は数多く挙げられます。

例えば・・・

  • 取引先との契約は、口頭で行っている(契約書を作っていない)
  • 契約書はインターネットで見つけたものを、そのまま使っている
  • 取引先と契約をするときに、相手から渡された契約書にそのままハンコを押している
  • 就業規則を作ったことがない
  • 従業員と契約書を交わしていない
  • 取引先が代金を支払ってくれない場合、どうしたら良いか分からない

このような日常の業務を行っていく上で避けられないトラブルに対して、専門の部署を持っていればそこが対応します。

そのような大きな会社は別にして、通常の会社ですと、従業員や代表者が対応することになります。

ですが、それによって時間を取られてしまうことはもちろんですし、解決が出来ず、また誰に相談したらいいか分からずに抱え込んでしまうことも考えられます。

その結果、本業に影響が出てしまったり、トラブルの対処を誤って、問題を拡大させてしまったりすることもあります。

このように、従業員が少ない会社だからこそ、外部の専門家に対応を任せる方が結果的にはメリットが多くあります。

ただ、誰に相談したらいいか分からない、業界のことを理解してくれる人でないと相談できない、といったことも考えられます。

そのため、顧問契約をして普段からおつき合いさせていただくことで、貴社の特性を理解し、問題が起きた時には、すぐに相談できる体制を整えることもできます。
また、これまでの経験から、ご依頼者の方が気づいていないリスクなどのチェックや、事業を行う上での法的リスクの分析を行うこともできます。

ご相談いただいた事項について、税理士や社労士など他の専門家による対応が適切な場合には、協力先を紹介して素早く対応することも可能です。

<顧問契約のメリット>

  • ・すぐに相談が出来て、問題に素早く対応が出来る。
  • ・事業を行う上での法的リスクのチェックができる。
  • ・相談者が気がついていない問題などがあるか、チェックをすることができる。
  • ・トラブル対応に伴う、代表者や従業員の負担を軽減できる。

などなど

このように、顧問契約にはメリットもありますが、費用に見合うだけのことをしてくれるのか分からない、とおっしゃる方もいらっしゃいます。

そこで、当事務所ではご依頼いただく範囲に応じて、3つのコースを準備しております。
 (料金表をご覧ください)

また、最初は顧問契約からではなく、個別のトラブル対応からご相談いただき、その後顧問契約をさせていただくことも多くあります。
 そのため、まずは現在悩んでいること、困っていることがありましたらご相談ください。

会社経営をするというだけでも、様々なことに対応しなければならず、苦労がとても多いと思います。
その上で、法的なトラブルを抱え込んでしまうのは、精神的にも肉体的にも大変です。

このような負担を軽くしていただき、従業員と経営者が気持ちよく働くためにも、ぜひとも当事務所をご活用ください。

ページの先頭へ戻る