Q&A

Q.私は配偶者との離婚を考えていますが、相手は離婚を拒否しています。そのような場合、裁判上の離婚事由があっても離婚できない場合というのは、考えられるのでしょうか?

[離婚]

A.
 配偶者に不貞行為があったとき、悪意で遺棄されたとき、3年以上生死不明であるとき、強度の精神病にかかり、回復の見込みがないときであっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときには、裁判所の裁量で離婚請求を棄却することができます(民法770条2項)。
 そのような場合には、裁判上の離婚事由があったとしても、離婚が出来ないということが考えられます。

ページの先頭へ戻る