離婚事件に関する解決事例:協議離婚および慰謝料の支払いが成立した事例

 配偶者が不貞行為に及んだため、不貞行為の相手方への損害賠償請求と離婚協議にについて、当事務所に相談をされました。
 不貞行為の相手方には損害賠償を求め、相手方が協議に応じなかった時点ですぐに訴訟提起をしたところ、当方が求める金額での示談が成立しました。また、並行して離婚についても協議を進め、協議離婚が成立しました。
<解決のポイント>
 ご自身だけで不貞行為の相手方と配偶者と協議を進めるのは、精神的にもきついことから、早く終わらせたいために妥協してしまう、といったことをよく耳にします。
 本件では早期に弁護士に相談いただいたことで、順序立てて準備ができた結果、ご依頼者が満足できる内容で、協議で案件を解決させることができました。

更新日: