解決事例

遺産分割に関する事例: 調停手続にて解決した事例

[遺産分割]

 被相続人は依頼者の母親であったところ、法定相続人の一人との協議ができないということで、当事務所に相談をされました。
 代理人として遺産分割調停の申し立てを行い、遺産目録を作成し、被相続人が亡くなった後に使ったお金(葬儀費用など)の明細を作成して、裁判所を通じて相手方に提示しました。その上で、当方から遺産分割案を示した結果、相手方が応じたので、依頼者が希望する内容で遺産分割調停が成立しました。
<解決のポイント>
 遺産分割協議については、相続人間の感情的な対立が生じてしまうと、まとまりません。
 その場合には、速やかに調停の申し立てを行い、裁判所という第三者を通じて協議を行うことで、スムーズに進む場合もあります。
 今回のケースは、速やかに調停を申し立てたことで、比較的早期の解決が実現できました。

ページの先頭へ戻る