解決事例

交通事故の解決事例:自動車に乗っていたところ、加害者の自動車に衝突された事例

[交通事故]

 被害者は自動車に同乗していたところ、加害者の運転する自動車に衝突されました。
 症状固定前から弁護士が介入し、保険会社との交渉を行った結果、後遺障害の等級は非該当でしたが、通院慰謝料および専業主婦としての休業損害について、こちらが裁判基準に基づいて主張したとおりに認められました。
<解決のポイント>
 事故に遭ってしまった場合、加害者が契約している保険会社との交渉を行うことも苦痛だと思われる方も多くいらっしゃいます。また、保険会社が提示する金額が妥当かどうか判断がつかない、という声も多く聞きます。
 本件も、早期の段階で弁護士が介入し、病院との連絡や保険会社との交渉を、弁護士が代理人として対応した結果、交渉がスムーズに進みました。

ページの先頭へ戻る