解決事例

交通事故の解決事例:バイクに乗っていたところを加害者の自動車に衝突された事例

[交通事故]

 被害者はバイクの運転中に自動車に衝突されました。その後、加害者の保険会社の対応に納得がいかなかったことから、当事務所に依頼をされました。
 当初、被害者の症状は後遺障害には該当しない(非該当)とされましたが、弁護士が代理人として異議申立てを行った結果、自賠法施行令別表第2 14級に認定されました。
 その後、訴訟手続を経た結果、当初の提示額よりも約100万円増額された賠償金が支払われるという内容で、和解が成立しました。
 
<解決のポイント>
 被害者の職業などから、賠償額に争いが生じそうな場合には、早い段階から訴訟を見据えた活動を行うことで、結果的に早期の解決を図ることが出来ます。
 今回も賠償額が争いになることが予想されたので、当初から訴訟を見据えた活動を行ったことが、上記結果につながったと思われます。

ページの先頭へ戻る