解決事例

離婚事件の解決事例:配偶者の不貞行為を理由として離婚を請求した事例

[離婚]

 依頼者は配偶者の不貞行為を理由に離婚および慰謝料の支払いを求めましたが、相手方が応じなかったことから、当事務所に依頼されました。
 弁護士が代理人として活動し、裁判手続を経た結果、相手も離婚に応じ、慰謝料約250万円を支払うという内容で和解離婚が成立しました。
<解決のポイント>
 不貞行為の立証については、一般の方が思う以上に資料を集めておく必要があります。
 そのため、早期に弁護士に相談いただき、方針を検討することが大切です

ページの先頭へ戻る