解決事例

労働問題の解決事例:普通解雇が問題となった事例

[労働問題]

 依頼者は使用者から解雇を言い渡されたところ、その理由に納得できなかったことから、当事務所に依頼をされました。
 弁護士が代理人として労働審判を申し立て、協議を重ねた結果、解決金約100万円の提示を受けたこと、そして依頼者も納得されたことから、合意の上で退職することとなりました。
<解決のポイント>
 解雇を言い渡された場合、それが妥当なのかどうかをご自身では判断できない方が多いと思われます。
 そのため、早期に弁護士に相談いただくことで、対策を取ることが出来ます。
 

ページの先頭へ戻る