解決事例

離婚事件の解決事例:性格の不一致などを理由として離婚を求めた事例

[離婚]

 依頼者が性格の不一致などを理由として、離婚を求めたところ、配偶者が離婚に応じなかったので当事務所に依頼されました。

 弁護士が代理人として調停を申し立て、調停期日を重ねた結果、明確な裁判上の離婚原因についてはなかったものの、相手方が離婚に応じることになり、解決金約100万円で調停離婚が成立しました。

<解決のポイント>

 離婚の場面は、当事者の感情的な対立が激しく、冷静な話し合いが出来ないことも多くあります。そのため、弁護士が代理人とし入り、また調停手続きを利用することで第三者を交えた冷静な話し合いを行うことが出来た結果、解決につながりました。

ページの先頭へ戻る